みんな集まれ半蔵門

30代関西人のおじさんのぬるいブログです。子育ての事とか映画の事とか・・・そんなのです。

「今日から俺は!!」の実写化...原作ファンの僕の怒りと原作の魅力紹介

やめてくれ(怒)

 

僕の大好きな漫画「今日から俺は!!」

それがこんな形で汚されるとは・・・。

(しかもこんな月日が経って)

 

 

 

たまたま偶然驚き行き当たりばったり 

なんか「面白そう」と思って、とあるブログ(有名ブログ)を見ていたんです

www.kansou-blog.jp

実際面白かったです(笑)

 

記事タイトルで既に書かれていますが、

冒頭でも

Mr.Childrenのボーカル桜井和寿が全225曲中どれだけ「イェッヘッへ!」と叫んでいるか調べました。

ミスチル桜井和寿は全225曲中どれだけ「イェッヘッヘ!」と叫んでいるのか調べた - kansou

 

調べましたじゃねーよ(笑)

 

ホントに面白くてブクマコメントとかしちゃったりして。

 

コメントにも書いたんですがどれだけスクロールしても文章が無く「ゥオォォホォォォン」とかしか書いてない不思議な記事でした(笑)

 

面白い記事書く人だな~、他の記事はどんなだろ?と 思って かんそうさんの他の記事を見ていたら

www.kansou-blog.jp

 

 えー!?

 「今日から俺は!!」ってあの!?

何年前の漫画引っ張り出してんだよ!いや、何年前とかは関係ないけど!

ゥオォォホォォォン(怒)

 

原作の魅力を紹介する

愛すべきキャラクター達

キャラクター達がホントに魅力的!みんなヤンキーだし、意地の悪い奴もいる。

だけどどこか憎めない可愛い性格をしているんです。

ついでに主要キャラはみんな恋愛に奥手(笑)

 

三橋貴志

主人公。高校1年の時の転校をきっかけにツッパりに。今で言う高校デビューみたいなもんです。

当初はそんななんちゃってツッパリだったので他のヤンキーを怖がっていました。しかし、持ち前の運動神経で次第に頭角を現し、千葉最強とまで呼ばれるように。

悪知恵が働き、周囲から卑怯者扱いされている。そのせいで顔が良いが女性にはモテない。

カッターで小さなサンドウィッチを作ることが得意。

 

伊藤真司

もう1人の主人公。生真面目で義理堅く、正義感がとても強い。

三橋と同じく転校をきっかけにツッパりデビューする。根性(と意地)の塊のような男で、驚異的な爆発力を見せる。

三橋と共に最強コンビと言われる。

ラケットを持つ競技が得意。

 

今井勝俊

三橋・伊藤と違う高校の紅羽高の番長。

そこそこ男前だが、基本馬鹿なので女性にはモテない。

ヤクザからカエル飛びで逃げたことがある。

持ち前の馬鹿力で喧嘩は強いものの、どうもツメが甘く騙し討ちに合う。(主に三橋)

バナナは皮ごと食う男。

谷川安夫

今井の子分。喧嘩は恐ろしく弱いが、啖呵と度胸を一級品。本気でキレた時に三橋をもビビらせた程の迫力を持つ。

怒って強くなるわけでは無いが。

作中、山に谷川に似た猿がいる。

 

中野誠

「年刊ツマラン」という明らかにつまらなさそうな漫画雑誌を読んで「つまんねー」と言って投げ捨てる男

 

などなど・・・所々の意味のわからない説明は是非原作を読んでもらいたい!

 

いわゆるヤンキー漫画だけどヤンキー漫画じゃない

「今日から俺は!!」は漫画のジャンルとしては「ヤンキー漫画」なのでしょう。しかし「今日俺」はそこらのヤンキー漫画とはちょっと違う。

それは「他のヤンキー漫画と比較して圧倒的な面白さ」って意味で「違う」のでは無くて「他のヤンキー漫画と作りが違う」という意味です。

まぁ、そのことによって結果「他のヤンキー漫画と比較して圧倒的な面白さ」なのですが。 

日常のギャグパートが多い 

ヤンキー漫画にありがちな暴力&暴力な漫画ではありません。

主人公、三橋・伊藤達の学校での日常、プライベートなど、登場人物の個性が光る(笑える)話がたくさんあります!

 

かつてヤンキー漫画で

キャンプでカレーを食べる為に「ウキョロキョキョーン」と叫んだり

ハゲると言われて育毛剤を盗み出したり

サイパンに旅行に行く

話があるヤンキー漫画があっただろうか!?

 

暴走族が出てこない

主人公の三橋達も暴走族とかでは無いですし、敵対する相手も他高とか、少数のチンピラグループとか。

「爆音小僧」とか「烈怒乱舞羅亜」とか「陴威窠斗」とか「"暴走り″で誰にも負けんなよ?」とか「!?」とか、少しお寒いワードが出てこないよ!

 

むしろ三橋達なんか原付でワクワクしてるぐらいですから微笑ましい(笑)

 

あと、ヤンキー漫画にありがちな寒い通り名とかも無いですね。

カミソリドラゴンとかアメリカンドリームとか... 

 

言葉にしない熱い友情

ヤンキー漫画では友情だとか仲間の為に戦う、とかはよくあるパターン。

でも「今日俺」は基本、自らの口から「仲間の為に戦う!」とか「仲間を傷つける奴は許さねー!」とか言わないんです。

結果として、それで怒って行動して相手を倒す、なんだけど、そんな安易な言葉を口にせず、内に秘めた怒りを爆発させる様が最高にかっこいい!

 

だからよくある友情の押し売り感がありません!

(どう?かっこいい話でしょ?みたいなね)

 

でも、三橋と伊藤、そして今井達も、仲間を想うシーンは多くあり、その全てに心が震えます!

そしてその積み重ねが最後の「卒業編」(正式名称は知らん)に凝縮されています。

 

「アイツがあぁなって、まさか最後はアイツがあぁするとは!?」

 

って感じのラストでした!熱い!泣ける!

ホントに是非原作読んで下さい! 

クソみたいな実写化

実写化大反対(全漫画)

そうそう、実写化の話でした。

そもそも僕は「漫画の実写化」が大嫌いです。 

あんなもん、誰が望んでるんですか?

 

原作好きで実写版にも満足って人に会ったことがない。 

ドラマ「今日俺」の内容

前述の「かんそうさん」の意見は的を射てて感動です。

とりあえず佐藤二朗とムロツヨシに親でも人質に取られてんの?出さないと殺されんの?嫌いじゃないけど、さすがにもういいよ。腹一杯なんだよ。なんでそこまでしてムリヤリどの作品にも絡める必要があるんだよ。

実写の銀魂がクソで福田雄一の『今日から俺は!!』に絶望しかない - kansou

…いるんだもんよ「佐藤二朗」「ムロツヨシ」…。ふざけんなよ、なんの地獄だよこれ。「オリジナルキャラも入り乱れ笑いMAX💨」うっわそのノリやめろクソが。いや既存のキャラならともかく、わざわざご丁寧に「ドラマオリジナルキャラクター」作ってまでムロツヨシ入れる必要性がどこにあんの?

実写の銀魂がクソで福田雄一の『今日から俺は!!』に絶望しかない - kansou

完全に狂ってやがる。ムロツヨシの5文字見るだけで頭痛ぇ。ブレーキランプ5回点滅「ム」「ロ」「ツ」「ヨ」「シ」のサイン。もうこわい……。助けてくれ…夢なら覚めてくれ…。

実写の銀魂がクソで福田雄一の『今日から俺は!!』に絶望しかない - kansou

爆笑(笑)

 

ホント、意味のわからない起用。

そんな自分のファミリー感を見せたいのか(怒)

 

僕も昔「日本映画は西田敏行を使わないといけない決まりがあるのか!?」と思った時期がありました。

 

しかも今井役の人、僕はよく知らないんですが

まずキャスティングも長身で怪力の今井役がチビの太賀って時点で吐き気しかしないし

実写の銀魂がクソで福田雄一の『今日から俺は!!』に絶望しかない - kansou

マジでキャストありき辞めろ!

 

最後に

ホントに「今日俺」の実写化は悲しいことです。

しかしながら、まだ「今日俺」を読んだことの無い人には是非原作をオススメする記事だと思っていただきたい!

 

あくまで原作ですよ!

ホントにオススメですから!