みんな集まれ半蔵門

30代関西人のおじさんのぬるいブログです。子育ての事とか映画の事とか・・・そんなのです。

一人暮らしをして男子力を上げる

f:id:hanzounomon:20180325002806j:plain

 

一人暮らしに憧れる

僕が初めて1人暮らしをしたのは26歳になる4日程前だった。

1人暮らしには昔から憧れがあった。

お気に入りの家具を集めて自分の城を作る。
1人の夜、ふと昔を思い出して、思い出のあの曲を静かにギターで奏でる。
夜な夜な友人達が集まり、僕の作るカクテルを片手に皆が下らない話を楽しそうに話す。

そんな1人暮らし。

でもしなかった。

 

お金が勿体なかったから

 

それに僕はギターも弾けなければカクテルも作れないじゃないか。

カクテルのレシピ本を2冊買って満足してしまったじゃないか。


そんなわけで憧れを持ちながらも、中々1人暮らしに踏み込めない僕でしたが、
転職を機に1人暮らしをすることになりました。

城探し

関西のとある都心にある会社に転職し、関西のとある田舎にある実家から通勤することは中々難しかった。
(加えて僕はお腹が弱いが為に長時間の電車が苦手だった)

そんなわけで、採用が決まり、初出勤までの二週間、必死に住まいを探しました。
長時間の電車は1日足りとも乗る気はありませんでした。

勤務予定の会社近くの仲介屋さんに朝1で行って物件を見せてもらいました。
お洒落な1人暮らしライフに憧れはあったものの、今の奥さんと結婚を考えていた僕は、とにかく安い物件を見て回った。

ものすごく古い物件や、ものすごく狭い物件や、
郵便受けが何者かに殴られてベコベコにへこんだ物件
等々を見ていたら、どっぷり日は暮れていた。

結局2日間かけて、僕は自分の城を決めることが出来た。
家賃・共益費込みで五万円。水道代二千円で使い放題だった。しかも通勤時間は15分!
今でも良い物件だったなぁと思う。
(狭かったけど)

一人暮らしをして感じたこと

一人暮らしをして初めて、親のありがたみを感じる

・・・

これは無かったです。

だってねぇ?
別に実家にいる時から親には感謝してるし、自分で家事したところで

予想通りしんどいな~めんどくさいな~

でしたよ。


思いの外そんなもんでした。

一人暮らしをしてから感じるなんて浅はかだなぁと。

一人暮らしは人を成長させる

月並みですがこれは間違いないです。
やっぱり環境が変わることで僕は

・新しい自分を発見する
・自分の身の程を知る

ことが出来ました。

新しい自分を発見する

節約の為にコンビニ弁当は食べず、近隣探検の為に買った激安自転車(8,000円)にまたがり、近くのスーパーで食材を買う。
なんだかそれだけでワクワクした。
今、新天地俺1人暮らししてる!
って。

なんの変哲も無いただの炒めものだったけど、なんだか妙に嬉しくて母親に写真を送った。
(それがこれ↓)

f:id:hanzounomon:20180324231636j:plain

 たしか「俺けっこう料理好きかもしれん!」とか言ってた気がする。

 

とにかく何だかワクワク、ソワソワしてた。

とりあえず何の目的も無く、行った事のないところを目指してフラフラしていた。

全く興味も無いのに、出先で見つけたウォーズマンの写真を彼女に送ってみたり。

f:id:hanzounomon:20180324233257j:plain

 (当然、彼女も全く興味なし)

 

勇気を出してバーのカウンターで一人飲みも経験した。

やってみると結構店員さんとかも気さくに話しかけくれたし(当然だろ)、他のお客さんとも思いのほか普通に話しが出来た。

そのバーはお酒も料理も美味しく

僕はそのお店でプロポーズもさせてもらった。

 

なんだか随分アクティブになれたなぁと思う。

 

自分の身の程を知る

 まず、母親に一人暮らし早々に料理好きを豪語した僕でしたが

料理はすぐ辞めました(笑)

(いやいや、仕事が忙しくてね)

 

それでも「料理ぐらいやれば出来るぜ!」と思っていた僕は、ある日彼女に手料理を振る舞うことにした。

 

「インスタ映えふわとろオムライス」を作ろうと思った僕は(当時インスタは知らなかった)、youtubeでばっちり予習をしてご提供した。

 

結果は

味がしない

というコメントを頂戴した。

 

麻婆豆腐をご提供した時は

豆腐がでかすぎる

というコメントを頂戴した。

 

どうやら僕は料理の才能はないようだ。

 

一人暮らしの経験が僕を大きくする

人と暮らす時に

結婚なのか同棲なのかルームシェアなのか、

形態は様々だが、人と一緒に住む時に、一人暮らしの経験が

家事めんどくさいよね。

料理難しいよね。

という優しい考えが持てるんでは無いでしょうか?

 

僕みたいな性格の悪い人間は、きっと一人暮らしの経験が無ければ、パートナーに「完璧」を求めていたかもしれません。

しかも「出来て当然でしょ?」ぐらいの。

そうでは無いんですよね。

めんどくさくて、家事を後回しにしたって良いじゃない。

ちょっといい加減になっても良いじゃない。

人間だもの。

話のタネに

 

仕事の時、プライベートな時、初対面の時、友人とふとした会話の時、

話の引き出しは増えると思います。

やっぱり「一人暮らししていない人」より多くなると思いますし、

単純にそれは「アルバイト経験している人」は、したこと無い人より話の幅は広がりますよね。

 

一人暮らしって笑える何かは出てくると思いますよ。

 

まとめ 

実はひとり暮らしが出来るチャンスって少ないと思います。 

「大学に行く!」とかであれば、方法を選べば何歳でも、働きながらでも出来るじゃないですか?

でも一人暮らしは確実に「結婚」したら、もうチャンスは無いですよね。

(単身赴任・離婚は除く)

 

僕は結果的に一人暮らしをして良かった。

やむなくの一人暮らしだったが、本当に良かったと思う。

 

一人暮らしするか迷うぐらいなら、絶対にした方が良いですよ!

 

(TOP画像著作者 skippyjon氏)

#私の一人暮らし

<a href="http://htn.to/eMsNdg" rel="nofollow"><img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/h/hatenablog/20180308/20180308182252.png" width="320" alt="はてなブログでCHINTAI特別お題キャンペーン「私の一人暮らし」"></a>
Sponsored by <a href="http://htn.to/bZZghN" rel="nofollow">CHINTAI</a